京都で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、京都にある脱毛サロン選びにお役立てください。

コラム

全身脱毛を受ける時には自己処理をいつまでにしておくのか

投稿日:

全身脱毛を受ける時に自己処理をしていかなくてはいけないのを知っていますか。

脱毛の施術を受ける時には毛があるまま行く訳ではありません。
脱毛をする部位、部分の毛は毛を処理していかなくてはいけません。

それはどこのお店でも同じことで、それは事前のカウンセリングの時にも説明があります。
でもそもそもどうして自己処理をしていかなくてはいけないのか知らない人もいます。
暗黙のルールみたいになっているので、それに従っているが、本当にしていかなくてはいけないものなのか気になりますよね。

それと初めて全身脱毛を受ける時に、自己処理をいつまでにしていけばいいのかも知っておかないと、もしかしたら施術が受けられないかもしれません。

ここからは全身脱毛の自己処理をする理由、そしていつまでに自己処理を済ませておくべきなのか詳しく紹介していきたいと思います。

全身脱毛をする時に事前の自己処理は絶対に必要です

全身脱毛をする時に事前に自己処理をしていくことは必須事項になっています。
契約してからのカウンセリングの時に必ずしてきてくださいといわれます。
それをしないとお店で施術が受けられないとまで言われるくらいです。

施術が受けられないとなれば、ほとんどの人が自己処理をしていかなければいけないって意識になりますからね。

でもそうなったのは実は最近になってからです。
事前の自己処理が必要なのは変わらないのですが、施術を受ける人が自分で自己処理するようになったのが最近になってからです。

それまでは自分で処理をしてこなくてもお店で処理をしてくれるところが多かったのですが、最近は違います。

剃り残しくらいはお店で対応してくれるのですが、剃り忘れについては対応してくれません。

こうなった背景にはお店を利用する人が増えてきてからです。
実際にお店で行う施術の特徴は自分でするのと違ってお店の脱毛機を使って脱毛が出来るところです。

今までは事前の毛の処理、そして脱毛機での施術というのを1人の施術枠時間になっていました。
でもそれでは2時間は必要になってきます。
そうすると1日で受けられる人数は限られてきてしまいますからね。

毛の事前処理はお店で行わなくても自分で出来るものなので自分でしてきてくださいってなりました。
それならお店で受けるのは事前処理の確認と脱毛機での施術だけになります。
そうなると1日の受けられる人数が増えてきますね。

分かりやすくいえば、自分で出来ることはしてきてくださいってことになります。

そもそも全身脱毛前の自己処理はどうして必要なのか

全身脱毛前に自己処理をしてこないといけないってことは分かってもらえましたよね。
1日の予約枠が増えるのであれば、それはそれで利用者としては嬉しいことなので理解できますよね。

でも、そもそもどうして自己処理が必要なのかってことですよね。
これを知っておくと、逆にちゃんとした自己処理をしようと思うはずです。

脱毛効果に大きく影響してくる

脱毛をする時の仕組みというのは、メラニンという黒いものに反応していきます。
脱毛をするためには毛の奥にある毛根に脱毛機の光を届けてあげる必要があります。

しかし、先ほどいったように脱毛機の光はメラニンという黒いものに反応してしまうため、これは普通の毛にも反応してしまうことになります。

脱毛を行うためには毛根に刺激することが必要であり、生えている毛にアプローチしても仕方がありません。
その毛にムダに光が伝わることは、本来の脱毛効果を落としてしまうことに繋がります。

効果が低くなってしまうのであれば、ちゃんと処理しておかなくてはって思いますよね。
ムダ毛を事前に処理しておけば、残っている黒い部分というのは毛根の部分だけになるので、そこにしっかりとアプローチ出来ることになります。

全身脱毛の自己処理はただ単に毛を処理してきてほしいという訳ではなく、効果を最大限に出すためにしていたものになります。

全身脱毛前の自己処理する場所は見える場所

全身脱毛はその名前の通り全身を脱毛することですよね。
事前の自己処理についても基本的には脱毛を受ける部位全てということになります。

となった時に自分では届かない場所ってありますよね。

背中なんて特に処理が難しいところですよね。
体を洗う場合はタオルでこすれば何とかなりますが、毛を処理するってなるとそうはいきませんよね。

おしりの部分も届かないかもしれません。
そのため事前の自己処理というのは見える場所だけで構いません。

それ以外の見えない部分、いわゆる自分では手の届かない部分についてはお店側でしてくれるようになっています。

この時に確認しておきたいのが、見えていない部位の処理について無料なのか有料なんかってことです。
これは先に確認しておかないと毎回有料ってことになるので、それも踏まえて総額計算をしないといけないですからね。

けっこうなお店で有料の可能性があるので確認しておきましょう。
京都 おすすめ 全身脱毛サロン
無料でシェービングしてくれるところのほうが珍しいです。

自分で自己処理する時のポイントですが、出来ればカミソリではなく電気シャーバーを使いましょう。
カミソリの場合は、肌がカミソリ負けしてしまって傷つけてしまう可能性があるからです。
そうならないためには肌に優しい電気シェーバーを使いましょう。

全身脱毛の自己処理は出来れば2日前から前日に行う

全身脱毛の自己処理はいつまでに行うのがいいのかって質問を見かけます。

これは全身脱毛の事前処理が必要な理由から見ていく必要がありますね。
事前処理をしている理由は、ムダ毛を無くして毛根だけにアプローチしてくれるように、最大限効果を出すためにしていますよね。

そう考えた時になるべくムダ毛がない状態で施術を迎えることがベストですよね。

いつがいいのかと聞かれると「前日」が1番いいです。
前日に事前処理をしていればムダ毛がほとんどない状態で施術当日を迎えられます。

早くても2日前から行うようにしましょう。
これ以上前にしてしまうと施術当日にムダ毛が生えてきてしまっているかもしれません。
そうなると本来の効果が出せずに勿体ないことになってしまいますからね。

全身脱毛をする時は当日の施術と、前日の自己処理はセットだと思ってください。
そのため、前日の夜はあまり遅くなったりしないほうがいいですね。
いつものリズムで処理してお風呂に入って翌日の施術を迎えるようにしましょう。

全身脱毛前の自己処理をしたらケアをしっかりしよう

自己処理をしなければいけないことは伝わっているかと思います。
毛を処理するということは少なからず肌はダメージを受けた状態になっています。
それを守る意味も含めて事前処理をした後は保湿液などで全身をケアしてあげましょう。

自己処理後は乾燥しているので肌がダメージを受けやすくなっているし、普段となるべく同じ肌状態で当日の施術を迎えてほしいですからね。

もし肌が荒れてしまった状態の場合、最悪当日の施術が受けられないようになります。
1回分消化になってしまうし、それが治ってからしか施術が出来ないので、どんどん脱毛完了までの期間も遅くなってしまいます。

こういったことを無くすために出来るだけ肌を守るようにケアしてあげましょう。

全身脱毛前の自己処理によって脱毛効果を最大限に活かしている

何のために自己処理をしなくてはいけないかって気になっていた人もいるでしょう。
それが今まで暗黙のルールみたいなものでしたからね。

それに自己処理をしているとしていないとで効果が違うと言われれば、効果がちゃんと出る方法で脱毛してほしいって思いますからね。

自己処理のタイミングについても2日前から前日というベストタイミングで行いましょう。
自己処理していれば問題ないという訳ではなく、1番いい状態でしてもらうことが効果にも繋がってきます。

自分で出来る努力は意識して行っていくようにしましょう。

-コラム

Copyright© 京都で全身脱毛がホンマに安い!おすすめ脱毛サロン料金ランキング , 2018 All Rights Reserved.