京都で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、京都にある脱毛サロン選びにお役立てください。

コラム

全身脱毛は痛みがあるっていうが、痛くない脱毛方法はあるのか?

投稿日:

全身脱毛は痛みが出るという噂がありますよね。
エステ感覚で受けているのに痛みがあるって受けにいくのも嫌になってしまいますよね。
脱毛というのは病気ではないので痛みに耐えながらするっていうのはおかしいですよね。

でも全身脱毛は痛みを伴うという口コミが多いです。
もちろん口コミの内容には個人差があります。
痛みというのはその人の感じる度合いが違うので、感じ方も変わってきますよね。

痛みに敏感な人と鈍感な人がいるので何とも言えませんよね。
でも出来れば痛みが少ない全身脱毛を行っているお店で脱毛を受けたいですよね。

ここからは全身脱毛をする時の痛くない脱毛方法を紹介していきたいと思います。

脱毛サロンや脱毛クリニックで全身脱毛を受けるのは痛いのか?

全身脱毛というのは一般的に痛みが出やすい美容法になっています。
エステやヘアメイクなどの美容法は痛みは感じることはないのに、脱毛だけは痛みを感じてしまう美容法です。

肌はもともと薄くなっており敏感です。
毛というのはその肌の奥にあるため、どうしてもそこにパワーを届けるために肌がダメージを受けてしまいます。

その肌ダメージが痛みへと繋がっています。
全身脱毛は脱毛サロンであっても、脱毛クリニックであっても、脱毛方法は同じになります。
機械を使って脱毛していくということに変わりはないため、光を出していくということになります。

この光が肌に当たることで毛根が刺激されて脱毛が進んでいくのですが、これが痛みの元となっています。
肌に機械を当てていくときにその痛みが出てしまいます。

全身脱毛が受けられるお店は大きく分けて2つあります。
脱毛をしようと思った時にネットで調べていると「脱毛サロン」「脱毛クリニック」この2つのキーワードが出てくると思います。
大きく分けてこの2つのジャンルです。

この2つのジャンルには違いがいくつかあるのですが、大きくは施設の違いと脱毛方法の違いです。

施設というのはそのままの意味で、脱毛サロンというのはエステサロンで施術を行うことを言います。
脱毛クリニックというのは医療機関で施術を行うことをいいます。

施設が違うため施術を担当してくれるスタッフも違います。
脱毛サロンの場合はエステティシャン、脱毛クリニックの場合は医師や看護師などの医療スタッフが担当することになります。

エステティシャンはエステのスペシャリスト、キレイになるための先生ですよね。
医療スタッフというのは医療のスペシャリスト、安心感がある先生ですよね。

このように2つのジャンルには施設と担当者が違っていることを覚えておいてください。
そしてもう1つの違いが脱毛方法です。

脱毛サロンで採用している方法が光脱毛となっており、光を使った脱毛方法です。
脱毛クリニックは医療レーザー脱毛となっており、レーザー熱を使った脱毛方法です。

採用している脱毛の違いは痛みに関係しています。
光を使うのか、熱を使うのかで痛みが変わってきます。
単純に考えると光と熱で比べると熱のほうがパワーが強くなるため、痛み出やすくなります。

痛みが強い・・・脱毛クリニックの医療レーザー脱毛
痛みが弱い・・・脱毛サロンの光脱毛

脱毛のジャンルによって痛みが違ってくるので覚えておいてください。

痛くない全身脱毛が出来る光脱毛の仕組みとは

痛くない全身脱毛を行うのであれば光脱毛をしている脱毛サロンです。
脱毛サロンで採用している脱毛機は光脱毛になります。

光脱毛は毛根付近にある黒いメラニンに反応して脱毛を行っていきます。
この毛根を刺激していくことで毛の生えようとする力を抑えていきます。

毛の生える力を抑えていき、毛を生やさないようにしてくれるのが光脱毛です。
そのため痛みというのはそこまで強くありません。

脱毛クリニックで行っている医療レーザー脱毛は毛根を破壊して、これから毛が生えてくる元を死滅させているのでかなり痛みが出てしまいます。

機械からパワーを出すという脱毛方法に変わりはないのですが、出ているパワーが違うので痛みが強くなります。
その分、効果が出やすい、永久脱毛が出来るといったメリットもありのですが、痛みといった部分では光脱毛をオススメします。

全身脱毛をした時に痛い部位ってどこなのか?耐えられるのか?

全身脱毛を行っていく中で痛いという意見もありますが、全身どの部位も痛い訳ではありません。
痛みが出てくる部位と出てこない部位があります。
それはもともとの肌質が関係しています。

肌が薄く敏感な部分を脱毛すると痛みが出てきます。
逆に肌が厚く普段から光に慣れている部位であれば、そこまで痛みは感じることはありません。

全身脱毛の中で1番痛みが出てしまうのがアンダーヘア脱毛です。
アンダーヘアを脱毛する人っているのと思うでしょうが、全処理ではなく、ボサボサのところだけ部分脱毛をするイメージです。

アンダーヘア部分は性器に近いため、痛みに敏感になっています。
それにもともと毛の生えている力が強いので、機械の出力パワーも上げていかないと効果が出ないため、その分が痛みとして出てきます。

毛の生えている力が強いのは見た目で分かりますよね。
他の部位と比べた時にアンダーヘアは毛が濃く、太くなっているのが分かりますよね。
そういった部分は毛の生える力が強いので、それを抑えて生えさせないようにするためには、パワーが必要になります。

ついで痛みが出るのが脇部分です。
脇部分は普段から処理されている方が多いであまり本来の毛を見ることがないのですが、何も処理しない状態でいるとボーボーに生えてきますよ。

脇部分も肌が薄く毛の生える力が強くなるので、出力パワーも上げないといけないので痛みを感じてしまいます。

逆に痛くない部位といえば腕部分は足部分です。
もともと肌も厚いし、生えている毛も少ないため、比較的弱いパワーでも効果を発揮してくれるため痛みが出にくいです。

全身脱毛で痛くない施術を受けるなら「ディオーネ」

ディオーネなら痛くない全身脱毛をすることが出来ます。
ネットの口コミを見ていてもディオーネは痛みが出なかったという口コミが多いです。
ディオーネは脱毛サロンなので光脱毛になります。

光脱毛の中でも特殊な光を使っており熱くならない脱毛を実現しています。
熱くならないということはそれだけ肌に優しいということにもなるためオススメです。
少なからず脱毛をすると肌はダメージを受けてしますからね。

ディオーネの特徴は子供でも受けられる脱毛です。
子供は基本的には痛みも強く肌ダメージを受けてしまうので脱毛は禁止されています。

でもディオーネなら可能になっています。
そして子供でも受けられるくらい痛みが少ないため、大人にもオススメです。
もちろん効果も出ている口コミが多いので紹介させてもらいました。
痛みはないけれど効果も出ないのであれば意味がないですからね。

-コラム

Copyright© 京都で全身脱毛がホンマに安い!おすすめ脱毛サロン料金ランキング , 2018 All Rights Reserved.